セキュリティソフトが原因?「動作が重い・遅い」どうすれば!

セキュリティソフトを、コンピューターにインストールすることで
パソコン等が、重くなってしまう場合があるようだ!


パソコンのCPUに負荷がかかり、メモリ消費に影響されると
パソコン上での作業を妨げる程、動作が遅くなってしまう場合がでてくる

場合によっては、フリーズを起こす事もある




ソフトウェアは、常駐プログラムとして、コンピューター上で常に稼働いていて、
また、スキャン中は、ウイルス定義ファイルを読み込む作業など


システム上、「CPU、メモリ」等に、大きな負荷が掛かってしまう
特に、ネットワーク経由でのスキャンは、大きな影響がうける


パソコンとの動作環境は、人それぞれ異なることもあって
動作の軽さについては、各社、賛否両論はあるものの


とは言え、
近年は、パソコンの性能が良くなってきてるのと


セキュリティソフトの開発でも、「動作の軽さ」は、重要ポイントとして
年々、改善されてきているのもあって、


最近のセキュリティソフトは、
「CPU・メモリ」等に、負荷が掛からない仕様になってるね!




ただ、パソコンの動作環境によっては、注意が必要!

特に、PCの性能(CPU・メモリ・HDD)等のスペックが低い場合
古いパソコンを利用している場合など、影響をうけてしまう


あんなにも軽快だったパソコンが、長年に渡って使っていると、
パフォーマンスが低下するのは当然のことで!

「HDDのヘッドの磨耗」「CPUの消耗」
または、ホコリの付着等が原因で、パフォーマンスを低下させている




特に、メモリ容量が少ない場合は、
セキュリティソフトも影響が大きいので、対策が必要になる



「Windowsタスクマネージャー」を確認して、
メモリ不足であれば、メモリを増設することで、解消される場合がある




今の現状で、何とかする場合は、
もちろん、パソコンの動作環境によるのですが、

比較的、「動作が軽い」セキュリティソフトを選ぶのが良いと思う!
現在のセキュリティソフトが不満の場合も含めて「無料お試し」で確かめてみて!
軽いセキュリティソフトを選ぶ!2016年版を比較


軽さには定評がある「ウェブルート」アメリカでのシュアが強い!


こちらは、主にアメリカのユーザーが多く、国内ではあまり馴染みがありませんが
日本法人を設立、日本語版も提供されている、セキュリティ対策ソフトになる


軽さにかけては、第三者機関でも「高速で軽量という評価」を受けているようで
動作環境は、HDD 10MB領域、メモリ 128 MBからと、最小システム要件で使えます


最小限の負荷で動作が可能な、非常に軽いセキュリテイソフトになりますね!
ソフトウェアが入ってないんじゃない?くらいの軽さで使えるようです